【リプロスキン】ニキビ跡にオロナインは効果あるか?

【リプロスキン】ニキビ跡にオロナインは効果あるか?

どのご家庭の救急箱にも入っていると言われる「オロナイン軟膏」あかぎれやひび、やけど、切り傷
などに効果がある、日本人にとって頼れる定番市販薬ですね。
この数年「オロナイン軟膏が大人ニキビに効く」という噂が広まり、にきび薬として注目されるように
なってきましたが、実際に効果はあるのでしょうか?

 

オロナインがニキビに効く理由

オロナインは「炎症を食い止め患部を保護する」という効果があります。
つまり、ニキビの場合であれば、毛穴の奥で炎症を起こしている「赤ニキビ・黄ニキビ」への効果が
期待できる、と考えられます。

 

また、オロナインはニキビの原因となるアクネ菌を殺菌する成分が含まれているため、炎症を抑えるのと
同時に、ニキビ悪化の要因を取り除けるという、ニキビ対策にもってこいの効果があると言えます。
さらに、オロナインは患部を覆って保護し、乾燥から肌を守る機能も持っています。

 

オロナインはニキビ跡に効く?

では、オロナインはニキビ跡にも効くのでしょうか?
オロナインがニキビに効くとされる理由は、

  • 炎症を食い止め、アクネ菌を殺菌する
  • 患部に膜を張り、乾燥や外的刺激から肌を守る

といった効果を持つからに他なりません。
そのため、オロナインは赤ニキビには高い効果を示すが、炎症を起こしていない白ニキビや黒ニキビ、
ニキビ跡にはほとんど効果が見られない、と言われています。

 

ニキビ跡の赤みの中には、肌の奥に炎症が残っているタイプも存在しますが、肌表面にオロナインを
塗布しても、毛穴や肌の奥で起きている炎症にはほとんど作用しないというのが実情です。

 

ニキビ跡は、ニキビが強い炎症を起こし、患部周辺の肌組織や真皮層が強いダメージを受けて起きる
ものですが、跡ができた時点では、炎症が治まっている場合がほとんどです。
オロナインはニキビ跡ができる前の赤ニキビを治療する際に活用し、できてしまったニキビ跡には、
リプロスキンのようなニキビ後ケアに特化した導入型柔軟化粧水や、クリニック治療で対処するのが
最適だと言えるでしょう。

 


このページの先頭へ戻る